パワフルかつフレキシブルで、使いやすい


CircleCI はスピーディさと高いカスタマイズ性により、これまでのチーム開発の常識を覆します。


CircleCI の機能

コミットからデプロイまで、すべてのフローを自動化します。

VCS インテグレーション

バージョン管理システムの GitHub、GitHub Enterprise、Bitbucket などと統合できます。ユーザーがコードをコミットするのと同時に、CircleCI は自動でビルドします。

テストの自動化

ビルドしたプログラムのテストを、まっさらな状態のコンテナや仮想環境内で自動で行います。

通知機能

ビルドの失敗はすぐさまチームメンバーに通知され、原因となっている問題を迅速に修正できます。

デプロイの自動化

ビルドに成功するとあらゆる実行環境に自動でデプロイされるため、プロダクトのリリースをスムーズに行えます。

チーム開発に不可欠な 3 つの要素を完備

高いパフォーマンス

どんなビルド、テスト、デプロイにも対応するスピードと信頼性を備えています。それらに必要なパフォーマンスを引き出すためのリソース割り当ても簡単です。

高度なカスタマイズ機能

Workflow 機能により、複雑な開発プロセスも思い通りにカスタマイズし、スムーズにビルドできます。

かつてない自由度

Linux 上で動作するプログラム言語はすべて CircleCI 上で実行できます。Docker をネイティブでサポートし、実行に必要な Docker 環境を好きなように作ることが可能です。


Workflow 機能

ビルド、テスト、デプロイなどのジョブについてどのように実行するかを定義、編成できる機能です。これにより、開発プロセス全体のコントロールが可能になります。

Docker のフルサポート

Docker はパブリックとプライベートどちらのレジストリに登録されているイメージも、ジョブ単位でカスタマイズしながら実行可能。他の一般的なレジストリにある Docker も扱えます。Docker イメージの作成、Docker レイヤーキャッシュへのアクセス、編集などにも対応します。

マシンリソースの自在な割り当て

プロジェクトの規模に合った最適なリソース (CPU やメモリ) を容易に設定できます。

多言語サポート

Linux および macOS で扱えるあらゆる開発言語に対応しています。C++、Javascript、.NET、PHP、Python、Ruby などを利用でき、ツールチェーン、フレームワーク、バージョン管理システムの使用も思いのままです。

高度なキャッシュシステム

Docker イメージ、ソースコード、依存ライブラリなどをキャッシュすることで、ビルド処理を高速化。パフォーマンスを最適化するために、ジョブのなかにキャッシュのセーブ・レストアポイントを設定できるようになっています。

デバッグを容易にする SSH、ローカルビルド

SSH 経由やローカル環境でジョブを実行することで、問題のある箇所の特定と改修を容易かつ素早く行えます。

ハイレベルなセキュリティ

LDAP、audit ログの記録、仮想マシンごとの完全なアイソレーションなどにより、大切なプログラムコードは保護されます。ファイアウォール内のオンプレミス環境で CircleCI を実行することで、さらに安全が保たれます。

分析機能

インタラクティブでグラフィカルな管理画面で、CircleCI 上で実行しているプログラムの状況をひと目で把握できます。ビルドの失敗や時間のかかるテストをチェックしやすくなるよう、表示内容のカスタマイズも可能です。


ビルド環境

プロビジョニングの悩みを解決

Docker イメージ、あるいは Linux 仮想マシンや macOS 仮想マシンを利用し、プロダクトに合った実行環境を作ることができます。Web サイトも、マルチプラットフォーム対応のスマートフォンアプリも、その他のシステムも、カスタマイズ性の高いクリーンなビルド環境をジョブごとに用意して、動作させられます。

ホスティングオプション

クラウドでも、オンプレミスでも

パブリッククラウドで継続的インテグレーション環境をホスティングできるほか、社内ネットワークのファイアウォール内にあるサーバーで CircleCI を動作させることもできます。

パブリッククラウド

CircleCI が初期設定、セキュリティ対策を行い、継続的インテグレーションの管理も行います。

新機能や管理の手間を軽減する自動アップグレードが提供されます。

GitHub または Bitbucket のアカウントでログインすれば、わずか数分でビルドを開始できます。


ビルド環境

Docker
Linux
Android
macOS

バージョン管理システム

GitHub
Bitbucket

オンプレミス

お客様が利用するサーバーに CircleCI をインストールします。初期設定、セキュリティ対策などもお客様自身の手で行います。

システムアドミニストレーターによる環境設定のフルコントロールが可能です。

事前のメンテナンス計画に沿った適切なタイミングでのシステムアップデートが可能です。


ビルド環境

Docker
Linux
Android

バージョン管理システム

GitHub
GitHub Enterprise

インテグレーション

好みのツールやサービスと一緒に

GitHub、Bitbucket、Fastlane、Azure、Slack をはじめ、今チームで利用しているツールを CircleCI と連携できます。


“@circleci 2.0 がかなりよくなった。1 分もかからずにビルド完了。すごくいい!”

Twitter
@abey_alex さん

“リポジトリの移行が無事完了したうえに、驚異的なパフォーマンスアップにもつながった。特にキャッシュ機能の影響は大きい。プロジェクトのビルド時間は、それまで 2 分半だったのが 1 分半 (キャッシュ無効) に。キャッシュありだと 50 秒だ。”

“本日の @circleci 2.0。これまではテスト前の Elasticsearch にエラい時間がかかってたけど、爆速になりました。”

Twitter
@BlameFrost さん

“ウソだろ? @circleci 1.0 で 5 分近くかかってたテストとデプロイが、2.0 で 2 分以下に。助かる!”

Twitter
@zemirco さん

“@circleci 2.0 に移行してキャッシュを有効にしたら、13 分かかっていたビルドが 2 分ちょっとに。いい週末になりそうだ!”

Twitter
@qnmco さん

“CircleCI 2.0 に追加されたワークフローと Docker キャッシュはありがたいですね。いろんなことができそうです。Docker を使ったビルドは、12 分ほどかかっていたのが 2 分以下になりました。控えめに言って最高です。”

CrateJoy
シニア ソフトウェア エンジニア
Josh Dover

Thank You for Submitting Your Info


You should receive an automated response notifying you that we received your info. Someone from our Enterprise team will be reaching out to you shortly.


CircleCI Success Logo